Skip to content

不倫サイトというものにどのようなイメージを持っていますか?


恐らくですが、不倫サイトについていいイメージを持っている人はそれほど多くないのではないでしょうか。
少なくとも私は、不倫サイトというものについて、かなり悪いイメージを持っていました。
そんな私がまさか不倫サイトを利用し、そこで知り合った男性と実際に不倫をすることになるなんて、本当に今でも信じられません。

でも不倫とは、もうある段階まで進んでしまうと、その後は自分の意志で止めることが難しくなります。
出会い系サイトを利用して不倫にのめり込んでしまった人妻たちが、みんなそろって、「初めは全然そんなつもりじゃなかった」というのは、ふりんというものがやっぱりじぶんのいしだけでおこなわれるものではないということのしょうこだとおもいます。

結婚している女性であれば特に、不倫はよくないものだ、旦那は裏切るべきではないというふうに考えているのが普通です。
私の場合だってもちろんそうです、それが結果的に出会い系サイトを利用して旦那を裏切ることになるわけですから、不倫をするというのはすごくエネルギーのいることです。
そこまでして人妻たちを不倫に追い込むエネルギーとはいったい何なのでしょうか。

私もそうですが、出会い系サイトを利用して不倫をすることになる人妻たちは、結局のところ自分の人生に何らかの不満を持っています。
持っている不満の種類は人それぞれですが、だいたい多いのは、旦那との関係がうまくいっていないとか、あるいは自分の人生が退屈で仕方がないというものです。

自分の人生に何らかの不満を持っている人のうち、なんとなく人生が退屈だから不倫をするというと、その女はなんてわがままなんだと感じる人がいるかもしれません。
憤る人もいそうですが、私は、人生が退屈で仕方がないから勢いで不倫してしまったという人の気持ちがよく分かります。

今では私は、不倫サイトというものに対してそれほど悪いイメージを持っていません。
自分が不倫をするようになって、不倫というもの自体に対する悪いイメージがなくなったからです。
もちろん、自分を正当化するために、不倫というものを悪く言うわけにはいかないということもあると思います。

私が不倫を始めたきっかけは、非常にありふれているかもしれませんが、旦那の浮気でした。
旦那が浮気をしているのではないか、という兆候は結婚後しばらくしてからずっと感じていたのですが、浮気に関する確証をつかむまでは旦那を問い詰めることはやめようとずっと我慢していました。

やはりこれもプライドの問題だと思いますが、結婚相手を浮気のことでなじるというのは、なんだか自分の価値が否定された結果相手が浮気をしたのだということを自分で確かめるような行為に思えて、できることなら相手に対する浮気の疑いが全部自分の思い過ごしであってほしいという思いは強くなるのです。

結果的に、旦那が浮気をしている決定的な証拠が見つかったため、そのことで旦那と大喧嘩になり、喧嘩するだけでは何も解決しなかったので、旦那とはまさに家庭内別居の状態です。

離婚していないので「不倫」というだけで、私としてはもうすでに旦那のことは忘れて新しい出会いを目指しているというような感覚です。
不倫とか不倫サイトというものにとても悪いイメージを持っていましたが、どう考えても私と同じような経験をしている人が全国にはたくさんいるなと思ったら、ずいぶんと気が楽になりました。

実際、不倫サイトをチェックしてみるとよく分かりますが、男女ともに利用者がとても多いのです。
不倫といえばよくない行為だというイメージがあるのに、その「よくないこと」をしている人が全国にこれほどたくさんいるのかと。
不倫サイトを利用している人の数を見れば、不倫というものが悪い行いではないのではないかというイメージが出来上がってしまいますね。

良い出会いを実現させるために読んでおきたい記事:不倫サイトを利用する前に