Skip to content

知らぬ間に犯罪者に!?完全無料の出会いアプリのリスクとは?


完全無料のアプリのリスクとは?

完全無料の出会いアプリを利用するときには、ひとつ注意しなければならないことがあります。それは、それらのアプリが厳密には「出会い系ではない」ということです。出会い系、つまり異性紹介事業をするには、役所に届出をしなければなりません。悪質アプリは言うまでもなく、この届出を行っていないのですが、完全無料の出会いアプリも、「そのアプリ内でのチャットを通じた交流を提供する」といった運営のされ方をしていることがほとんどですので、出会い系には該当しません。

では、届出をしているアプリと、そうでないアプリで何が違うのか。それは運営会社が「年齢確認の義務を負わない」ということです。たとえばPCMAXやワクワクメールなどですべての機能を利用するには、その運営会社に身分証明書の写真などを提出し、18歳以上であることを証明しなくてはなりません。それを見て、確認すること。これが届出を行って出会い系を運営するすべての会社に負わされる義務です。

しかし出会い系に当たらないアプリについては、運営者が、利用者の年齢を確認する必要がありません。利用者は、登録を済ませたら、すぐにサービスを利用することが可能となります。完全無料の出会いアプリでは、チャット内で連絡先を交換することも可能です。それはつまり、たとえ18歳未満の少女であっても、それらのアプリに登録する、そしてアプリを利用することが可能であるということです。それらのアプリで出会いを探すときに注意すべきことは、その女性の年齢なんですね。

自分で年齢を設定するわけですから、いくらでも嘘をつくことができます。たとえば援交目当ての少女が、自分は18歳であると嘘をついて男性に近づくようなこともあり得るのです。完全無料の出会いアプリで知り合った女性と会うとなったとき、あるいは電話やチャットを通じてエッチなことをするとなったとき、相手の年齢には充分に注意しましょう。

エッチな画像を要求するだけでも犯罪になってしまいますので、顔写真などを見せてもらって、18歳かどうか怪しいと思ったら、年齢確認させてもらうようにしてください。断られたら、きっぱりと諦めましょう。

また、もしデートをすることになっても、当日彼女の顔を見て、18歳に達しているか怪しいというときには、必ず身分証明書を見せてもらうようにしてください。18歳未満の少女とセックスしてしまった場合、たとえそれが同意の上であったとしても罪に問われます。もしその事実が露見すれば、社会的に抹殺されることは必定で、逃れることはできません。転ばぬ先の杖とよく言いますが、出会 アプリ 完全無料で出会いを探すときには、相手の年齢には特に注意を払ってくださいね。